多くの人が利用するネットカフェでは、一人一人がマナーを守ることがとても大切です。より快適な空間として使い続ける為に、このページでは利用のマナーや安全対策について書いておきたいと思います。

最低限のマナー

一度に持っていく漫画は最大でも7~10冊程度にする。

常識的な範囲では5冊くらいがいいとこかと思います。1時間くらいで読める分だけを手元に置いておき、読み終えたら棚に戻しましょう。次に読みたい人が待っているかもしれません。

音漏れには十分な配慮を

大きな音でDVDやゲームを利用したい時は、必ずヘッドホンをしましょう。ネットカフェでは「周囲に迷惑になるような大きな声や音を立てるのはマナー違反」とされています。ゲームセンターとは違い本を読む人が大半の場所ですから、静かにするのが基本マナーです(最悪の場合出入り禁止になります)。

読んだ本、使ったコップを所定の位置へ戻す

小学生でも出来ることですが、残念ながら守らない人が多いのが現状のようです。レストランか何かと勘違いしている人が多いのかもしれません。大抵のネットカフェには、「本は元あったところへ戻してください」「飲み残しはこちらへ」「コップはこちらへ」と張り紙があるので、所定の位置に戻すようにしましょう。と、なんだか当たり前すぎる内容ですが、どうもこういったマナー違反が多いという口コミをあちこちで見かけました。

私自身は「前の人が汚した席」にあたったことはありませんが、誰だって「汚い席・ブース」を利用したいとは思いませんよね?後に使う人のことも考えて使うことはそんなに難しいことではないはずです。みんなが快適に利用できる場所であって欲しいので、あえて当たり前のことを書いておきました。

安全対策はしっかりと

ネットカフェでの“置き引き”や“スリ”“盗難”などの犯罪については、十分な注意が必要です。照明が暗め、寝ている人が多いこと等、隙ができやすい場所であることは否めません。特に一人で行く時は十分に注意を払うことが大切です。

  • 貴重品は肌身離さず携帯すること(ロッカーの利用なども○)
  • 女性の夜間利用は必ずレディースシートを利用する
  • 個室であっても気を緩め過ぎないこと(鍵がかかる店舗であれば、必ず施錠する。自宅やホテルと同等に考えないこと)

いくら個室があるとはいっても、所詮は「カフェ」ということをきちんと肝に銘じましょう。あくまで漫画やネットを楽しむのが本来のネットカフェです。仮眠や宿泊ももちろん可能ですが、ホテル並みのセキュリティで守られた空間とは違います。「なんだか怖いところなのかな…」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、“万が一に備えて”の話ですので、数時間漫画を読む程度なら、ほぼ心配無用です。夜間に利用する時は、少し気を引き締めるようにしましょう。